2021年トレンドは?ネット副業はこれが流行る!- 最新ビジネススマホツール・アプリ

株式会社ニュース(赤澤天道)のGoodニュース&サクッとプラス

ビットコインでデイトレする方法を解説します

time 2022/04/06

「デイトレード」と言うと、株やFXを想像する方が多いと思います。
ですが、ビットコインでもデイトレは可能です。
今回は、ビットコインでのデイトレードについて解説していきたいと思います。

そもそも、デイトレとは何なのでしょうか?

仮想通貨には「トレード手法」というものがたくさんあります。

例えば、スイングトレードでは数日~数週間の間隔で取引をします。
ではデイトレードはどういうものなのかというと、「約1日単位でトレードをする」というものです。

では、ビットコインでデイトレをするメリットは何なのでしょうか?
まず、「取引時間」が挙げられます。
FXは取引する時間に制限があります。
ですが、ビットコインでは取引時間に制限はなく、24時間365日取引が出来ます。

そして、これは投機的な側面を持つビットコインだからこそのメリットですが、「大きく稼げる可能性がある」という事です。
ビットコインは価格変動が激しく、たった一日でもかなりの変動があります。
これは、デイトレをする上で大きなメリットの一つですよね。株とか不動産だと、一日でそこまで変動することはあまりないので。
ですが、もちろんそれは「大きく損をする」という可能性もあります。
ただ、間違いなく言えるのは「短期的に大きく稼ぐことは可能」という事です。

また、FX等に比べると比較的手数料が安めである事もメリットとしてあげられます。

では、ビットコインでデイトレをするコツを解説します。
ビットコインでデイトレをする際には、ファンダメンタル分析よりも、まず「テクニカル分析」の勉強を重視するようにしましょう。
テクニカル分析とは、過去のチャートの値動きをパターン化したものです。そして、ファンダメンタル分析は財政状況や社会の変化等を元に分析するもの。

デイトレードの場合は短期間ですから、ファンダメンタル分析はあまり役に立たない場合が多いです。
なので、テクニカル重視でやっていったほうが上手くいきやすいと思います。

とはいえ、一日毎の変化でもファンダメンタル分析は重要ですし、テクニカル分析を使って日々デイトレをしていたとしても、過去を振り返る際にはファンダメンタル分析も活用する事をおすすめします。
ただ、どちらを重視するかといえば、テクニカル分析の方が大切ということです。

今回は、ビットコインでデイトレをする方法について解説しました。
デイトレの他にも色んな方法があり、向き不向きがあります。
自分にあった形の手法を見つけてくださいね。参考になれば幸いです。