2021年トレンドは?ネット副業はこれが流行る!- 最新ビジネススマホツール・アプリ

株式会社ニュース(赤澤天道)のGoodニュース&サクッとプラス

なぜ国際送金よりも仮想通貨の方が便利なのか

time 2021/11/06

海外にお金を送りたい時は、銀行の送金サービスなどが活用される事もあります。
ただ最近では、仮想通貨で送金している方も増えつつあります。
銀行送金などの手段と比べると、仮想通貨の方がメリットが大きいからです。

格安に海外に送金できる

銀行では、お金を送る為のサービスも提供しています。
国際送金もその1つで、海外の業者にお金を送る事も可能なのです。ただ国際送金には、色々なデメリットがあります。

その送金サービスを利用しますと、手数料はかなり高くなってしまう傾向があります。両替手数料などが別途で加算されて、結局は数千円ぐらいの手数料を徴収されてしまうケースも多いです。

しかも手数料の金額は、送金額に比例します。海外に多くのお金を送るなら、銀行にも多くの手数料を支払わなければなりません。状況によっては、数万円ぐらいの手数料がかかってしまう事もあります。

その点仮想通貨であれば、そこまで多くの手数料がかかる事はほぼありません。この通貨の特性上、送金する時の手数料は低めにできるからです。

企業によっては、海外業者と取引をしている事もあります。業者に送金する度に数万円ぐらいの料金がかかるのは、少々困るでしょう。仮想通貨の方が遥かに格安なので、活用している企業も多いです。

スピーディーに送金できる仮想通貨

また国際送金というサービスには、スピードに関するデメリットがあります。かなり時間がかかる事だけは間違いありません。

国際送金ですと、当日中の着金は原則不可能です。それも状況次第ですが、基本的には1週間ぐらいかかると見て良いでしょう。早ければ数日ぐらいで着金する事もありますが、原則1週間ぐらいかかります。

そもそも多くの企業では、スピードを重視しています。
早く海外の企業にお金を送りたいのに、1週間もかかってしまうのは困るでしょう。売り上げにも響いてしまいます。

ところが仮想通貨という手段であれば、かなり速やかに送金できるのです。
利用する通貨次第ですが、たいていは即日で送ることができます。

早ければ数分前後で海外企業に到着しますが、遅くても数時間ぐらいで到着します。ですから早く相手にお金を送りたい時は、国際送金よりは仮想通貨の方が便利です。

何も海外業者だけではありません。
最近では国内業者同士でも、仮想通貨で送金している事も多いです。国内業者ならば銀行振り込みという手段もあります。それは国際送金よりは手数料は格安ですが、それでも仮想通貨には叶いません。格安に送金したいなら、この通貨はおすすめです。